ひとりじゃないよ、一緒に考えよう

こころん柔道部

 

佐藤愛子総監督と中里文子理事長

1. 柔道にできること

nakazato-judo

NPO法人こころんプロジェクト 理事長 中里 文子

私は、心理臨床研究を専門としていく中で、体重階級制競技「柔道」における女性アスリートのメンタルヘルスの研究にたどり着きました。もともと柔道には縁もゆかりもなかった私が、10代の柔道家と関わり話を聴いていく中で、「小さい頃、なかなか自分を出せずにいじめられた経験があり、‟こころもからだも強くなりたい“と思ったことが柔道を始めたきっかけ」と答える人が少なくないと知り、「柔道」を媒体として私たちに何かできないかと模索してまいりました。

柔道には、競技としての「柔道」の裏側に以下のような効用があるようです。

  • 基礎体力がつき、体が丈夫になる
  • 礼に始まり礼に終わる伝統作法を重んじることにより、礼儀正しくなる
  • お互いの肌が触れ合って稽古をすることにより、友情がはぐくまれる
  • 集中力がついて、勉強への意欲がわく
  • 動作が機敏となって、なにごとにも積極的に取り組むようになる

この中でも、私なりに「柔道」を評価していくとしたら、「相手を尊重する気持ち」「あきらめずに踏ん張る力」「心とからだのエネルギーチャージ」そして何より、「自分を大切にすること」ではないかと思うのです。

私は、子どもたちが健やかに成長していくためには、「自分を大切にする」ことがとても大切だと思うのです。そんな想いを込めながら、柔道を学ぶ機会をすべての子どもたちに提供していきたいと、これからも努力してまいります。

2. こころん柔道部とは

2-1. こころん柔道部の目指すところ

私たちは、競技としての柔道ではなく、子どもたちにスポーツとしての柔道経験をつうじて、身体を動かすことの楽しさとともに、つぎの「3つの心」を身に付けてもらうことを目指して活動しています。

judo1

  1. あいさつできる心
  2. 人をおもいやる心
  3. 一歩ふみ出す心

 

2-2. おもな活動内容

judo2

  • 経済的にスポーツを習えない子どもたちのための柔道教室

 

2-3. おもな活動地域

judo4

  • 東京都
  • 千葉県(検討中)

 

2-4. おもな対象者

judo3

  • 経済的にスポーツを習えない子どもたち(主に小学生)
  • 現在は、児童養護施設至誠学園の子ども達向けに活動しています。

 

 

 

 3.こころん柔道部・指導者 紹介

総監督: 佐藤 愛子(さとう あいこ)先生

satouaiko

学校法人 藤村学園 東京女子体育大学 講師

東京女子体育大学 柔道部 監督

講道館 四段

9歳から柔道をはじめる

1983年・北海道生まれ

<こころん柔道部への想い>

幼少期に、父の思い付きで始めた柔道。初めはやめたくてしょうがなかったけれど、いつの間にか柔道の魅力にとりつかれ、のめり込んでいきました。

柔道のおかげで、今までたくさんの国へ行き、たくさんの人に出会ってきました。現役時代は、勝った負けたの勝負の世界でずっと生きてきたと思っていましたが、柔道を通じて様々な人と出会い、色々な経験をしていくうちに、いつの間にか勝ち負けのその先のもっと大切なことを学んでいるのだと感じました。柔道のおかげで少しだけ人として成長できたのではないかと思います。

現役を引退した今、柔道は教育的価値があると感じています。それぞれの長い人生の中で、柔道をやっていたことがいつか何かの役に立ってくれるといいなと思います。

柔道には「精力善用」「自他共栄」という言葉があります。「精力善用」は、柔道を通じて鍛えた心と体を世の中の良いことに使おう、「自他共栄」は、仲間を大切にし、自分だけでなく相手と共に成長していこう、という意味が込められています。実際に相手を投げたり投げられたりするなかで、何か感じるものがあると思います。

こころん柔道部の活動を通じて、そういった何かを体感できる機会を子どもたちに提供できればと願っております。

<主な競技歴>

  • 2011年 世界柔道選手権大会 57kg級 優勝
  • 2011年 グランドスラム・モスクワ2011 57kg級 優勝
  • 2011年 ワールドカップ・オーバーヴァルト 57kg級 優勝
  • 2010年 グランプリ・ロッテルダム 57㎏級 優勝
  • 2008年 北京オリンピック 57kg級 7位
  • 2005年 講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 57kg級 優勝
  • 他多数

<主な指導歴>

  • 2016年より東京女子体育大学柔道部監督

コーチ: 松坂 雄智(まつざか かつとも)先生

matsuzaka

元千葉県警警察官

講道館 参段

9歳から柔道をはじめる

1969年・千葉県生まれ

 

 

 

<こころん柔道部への想い>

私は10歳の時、父親に近所の道場に連れていかれ、以後30年以上柔道に携わってきました。20代の時に子ども達の指導をするようになり以後、現在まで続けておりますが、40歳の時大病を患い長期入院の後、社会復帰を兼ねて学校に通ってた時にこのプロジェクトチームの中里先生と出会い、お話を重ねていくうちに共感出来る事が多々あり、今回のプロジェクトに参加させていただきました。柔道を通じて日本の「宝者」である子ども達の健やかな成長の一助となればと思っております。どうぞ、よろしくお願いします。

<主な競技歴>

  • 小学校3年生の時に父親にすすめられ、柔道を始め、中、高と柔道を続け、八千代松陰高等学校卒業後、千葉県警察官に任官
  • 警察時代は各所属の代表選手として多年に渡り千葉県警察大会、その他の大会に出場

<主な指導歴>

  • 千葉県第一機動隊時代に出身道場にて子供達の指導の補助を行う
  • 佐倉警察署時代、佐倉柔道教室にて子供達の指導を行い、タッチヤング活動の功績が認められ表彰を受ける
  • 外部コーチとして、佐倉市立根郷中学校で7年間、および佐倉市立南部中学校で7年間指導
  • 佐倉市の中学校の外部コーチとして指導中、教え子たちを全国中学校柔道大会(女子個人3名、女子団体戦)、関東大会(女子個人3名、女子団体、男子団体)、千葉県大会に出場させる
  • 佐倉市の中学校の外部コーチとして指導中、千葉県大会で、優勝女子団体優勝・2回、女子団体準優勝・4回、および男子団体3位・1回の実績を残す

指導サポート

東京女子体育大学柔道部の皆さんが、指導ボランティアとして協力してくれています。

20170920-220171116-320171018-7

4. 活動予定

308130

2017年9月18日(水)より、児童養護施設至誠学園の子ども達向けに柔道教室を始めました。

原則、毎月2回、水曜日または土曜日に活動中です!

 

 

5. 活動の様子

20170920-420170920-520170920-8

20171018-220171018-520171018-11

20171018-1420171018-15

6.ご支援のお願い

私たち、こころんプロジェクトでは、経済的に恵まれない子ども達に、柔道教室を継続して提供していきたいと強く思っています。その為には、どうしても活動資金が必要です。私たちの活動に共感いただける方からのご支援をお待ちしております。

ご支援いただいたお志は、下記の用途に使わせていただきます。

  • 子ども達の柔道着
  • 子ども達へ付保するスポーツ障害保険料(毎年度発生します。)
  • 子ども達の公益財団法人全日本柔道連盟への登録料(更新料を含む)
  • 指導サポート・運営ボランティアへ付保するボランティア保険料(毎年度発生します。)
  • 子ども達のための用具の購入費用
  • 施設使用料

ご支援の方法

  • 銀行振込
  • 不要になった本・DVD

詳しくは、こちらをご覧ください。

7. お問い合わせ先

308134こころんプロジェクト事務局

こころん柔道部担当者

  • 電話:03-5565-4177 (平日 10:00~20:00)
  • メール:info(a)cocoron-pj.com ((a)を@に置き換えてください)

きっとあなたのお役にたてます TEL 03-5565-4175 09:00~20:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

こころんプロジェクトが寄付を頂いた際に、お送りしている「ポストカード」「ブックマーク(しおり)」などのイラストを制作してくれているイラストレーター"水色アボカド"さんの作品を展示しています。

理事長 中里文子のブログ

毎月20日頃更新

PAGETOP